相続放棄

  1. 生前贈与後に相続放棄する場合に知っておくべきリスクと注意点

    自分の親、もしくは祖父母が資産家で広く事業を展開していた場合、莫大な遺産を相続することになる可能性があります。しかし、その遺産には相続税がかかります。&…

  2. 被相続人の死亡を知らなかった場合は相続放棄すべき

    自分の両親が亡くなった、祖父母が亡くなった・・・という状況において、多くの家庭で相続手続きの必要が出てきます。亡くなった両親や祖父母が資産家であった場合…

  3. 相続放棄の有無を確認するための照会方法・必要書類や所要期間も解説

    相続財産に借金や税金の滞納など負債が含まれる場合、相続放棄手続きにより負債の相続を回避することができます。相続放棄が認められるとプラスの財産も含め全てを相続でき…

  4. 先順位の相続人が相続放棄する際の順位変動と相続放棄時の注意点

    相続放棄は被相続人に借金がある場合や、被相続人の相続に関わりたくない場合などに家庭裁判所に申し立てる法的な手続きです。相続人であることを知ってから3ヶ月の期限内…

  5. 価値のない土地の所有権を放棄したい!適切な方法と注意点を解説

    不動産は価値のある資産でありますが、場合によっては有効利用ができず経費だけがかかる「負動産」となることもあります。これまでは少子高齢化や都心部への企業・人口…

  6. 相続放棄の手続きは郵送で可能?必要書類の取得方法と注意点 

    相続財産に借金などの負債が含まれる場合、相続放棄手続きにより借金を背負わずに済むことができます。相続放棄手続きは法的な手続きであり、自身が相続人であることを知っ…

  7. 相続放棄の念書や誓約書の有効性・無効と判断される場合は?

    自分の死去後、相続人となる可能性のある「推定相続人」の中で、特定の人物に相続させたくない、といケースがあります。理由は個々の事情により様々ですが、以下のようなケ…

  8. 認知症の相続人がいると相続放棄できない?後見人選任の基準と注意点

    自分の父親か母親、もしくはその2人が認知症になってしまった・・・子供にとっては、自身の日常生活を大きく見直さざるを得ないほどの大事件です。改…

  9. 借金を相続した際に知っておくべき時効と援用手続き・注意点

    亡くなった親が残した借金を相続したくないという場合、家庭裁判所で相続放棄という手続きを取ることによりその返済義務を免れることができます。相続放棄とは相続の効…

  10. 相続放棄が受理されない理由とは?理由別の対処法と注意点を解説

    死亡した父親や母親、もしくは他の血縁関係者である被相続人が財産を保有していた場合、相続の事案が発生します。もちろんその財産を相続する者、つまり相続人にとって…

  1. 相続放棄

    借地権の相続放棄〜借地上の故人名義の建物はどうなる?
  2. 相続放棄

    先順位の相続人が相続放棄する際の順位変動と相続放棄時の注意点
  3. 死後事務

    独身高齢者必見!おひとりさまの終活〜 「死後事務委任契約」
  4. 相続放棄

    空き家が相続財産に含まれる場合の問題点と解決方法
  5. 相続放棄

    相続放棄の熟慮期間の起算点・延長の条件と手続きの方法を解説
PAGE TOP