相続放棄

  1. 価値のない土地の所有権を放棄したい!適切な方法と注意点を解説

    不動産は価値のある資産でありますが、場合によっては有効利用ができず経費だけがかかる「負動産」となることもあります。これまでは少子高齢化や都心部への企業・人口…

  2. 相続放棄の手続きは郵送で可能?必要書類の取得方法と注意点 

    相続財産に借金などの負債が含まれる場合、相続放棄手続きにより借金を背負わずに済むことができます。相続放棄手続きは法的な手続きであり、自身が相続人であることを知っ…

  3. 相続放棄の念書や誓約書の有効性・無効と判断される場合は?

    自分の死去後、相続人となる可能性のある「推定相続人」の中で、特定の人物に相続させたくない、といケースがあります。理由は個々の事情により様々ですが、以下のようなケ…

  4. 認知症の相続人がいると相続放棄できない?後見人選任の基準と注意点

    自分の父親か母親、もしくはその2人が認知症になってしまった・・・子供にとっては、自身の日常生活を大きく見直さざるを得ないほどの大事件です。改…

  5. 借金を相続した際に知っておくべき時効と援用手続き・注意点

    亡くなった親が残した借金を相続したくないという場合、家庭裁判所で相続放棄という手続きを取ることによりその返済義務を免れることができます。相続放棄とは相続の効…

  6. 相続放棄が受理されない理由とは?理由別の対処法と注意点を解説

    死亡した父親や母親、もしくは他の血縁関係者である被相続人が財産を保有していた場合、相続の事案が発生します。もちろんその財産を相続する者、つまり相続人にとって…

  7. 相続財産の中に借金が含まれていた場合の相殺方法と注意点

    親が死亡した時に真っ先にすべきこと、考えるべきことといえば、お通夜や葬式の手配はもちろんのことですが、もう1つ現実的な案件に取りかからなくてはなりません。そ…

  8. 相続放棄の熟慮期間の起算点・延長の条件と手続きの方法を解説

    いつかは必ず訪れ、そして向き合わなければならない親の死。その悲しみや喪失感は残された者に深く刻まれ、のちの人生に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。も…

  9. 絶縁状態の親族の相続放棄・手続きをしない場合のリスクとは

    どんな状況においても、決して偽ることのない血縁関係。特に親兄弟は他のどんな人よりも近い間柄であり、その言葉通り良好な関係を築いている家族も多いことでしょう。…

  10. 相続放棄後も不動産の管理義務は残る?空き家の管理責任を免れる方法

    1.不動産の管理義務とは不動産の相続に関してこんな相談が多く寄せられています。亡き父親の遺言により、遺産の実家の一戸建て住宅と土…

ピックアップ記事

  1. 尊厳死とは?安楽死との違い、尊厳死を選択するための方法を解説

運用サイト

相続手続きの個別相談のお問合せ
  1. 身寄りがない方の老後の対策・安心をサポートする契約とは

    生前対策

    身寄りがない方の老後の対策・安心をサポートする契約とは
  2. 相続

    借金を相続した際に知っておくべき時効と援用手続き・注意点
  3. 相続

    相続法改正⑨ 相続法改正! 遺留分制度に関する改正について(後編)
  4. 相続放棄

    相続放棄の熟慮期間の起算点・延長の条件と手続きの方法を解説
  5. 相続放棄

    生前贈与後に相続放棄する場合に知っておくべきリスクと注意点
PAGE TOP